なぜ強火がいけないのか

お手入れを簡単にしよう

弱火を使って料理することで、調理器具の底が焦げ付くことを回避できます。
すると軽く擦るだけでも、汚れが落ちるでしょう。
お手入れが、非常に簡単になるというメリットがあります。
タワシを使わなくても良い部分がポイントですね。
調理器具の底が焦げ付くと、タワシを使う人がいます。
しかしタワシなど、固いもので擦ると調理器具にダメージを与えるので使用しないでください。

スポンジなど、柔らかいもので擦るとダメージを回避できます。
強火ではすぐに焦げ付いて、スポンジでは汚れを落とせなくなります。
弱火や、中火を料理で使えば大丈夫でしょう。
調理器具が焦げ付くと、洗い落とすのに時間が掛かります。
お手入れの時間短縮のために、強火は使わないでください。

長持ちさせることのメリット

焦げ付いたら、新しい調理器具を購入すれば良いと思っている人がいるでしょう。
ですが焦げを気にしないで強火を使い続けていると、購入して1年も経たないうちに傷んで使用できなくなります。
毎年調理器具を買い直していると、お金がなくなります。
無駄な出費を削減するため、焦げ付かない方法で調理器具を使ってください。
中火や弱火なら大丈夫なので、強火を使わないレシピを見つけるのも良い方法ですね。

今は様々なレシピを、簡単に探すことができます。
強火を使わなくても、おいしい料理を作れるはずです。
丁寧に調理器具を扱っていれば、2年や3年など非常に長い時間綺麗な状態を維持できます。
お気に入りの調理器具を見つけたら、ずっと使えるよう扱いましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ