焦げ付きを防ぐ対策

ダメージを与える原因を知ろう

調理器具を長い時間火にかけていると、次第に温度が上昇します。
それが原因で、調理器具が傷んでしまいます。
逆に言うと、温度の上昇を防げると、調理器具が傷まずに済みます。
そのためには、調理器具の内部に水を入れることがポイントです。
水を入れてから火にかけると、温度が上昇しにくくなります。
ですから、ダメージを回避できます。

調理器具に水を入れてから加熱することを、徹底してください。
また火にかけていると、水は次第に蒸発してなくなります。
水がなくなったと思ったら、すぐに追加してください。
火を使っている時は、水を切らさないように注意しましょう。
すると強火でも、大きなダメージを調理器具に与えることはなくなります。

どの素材の調理器具でも同じ

調理器具によって、素材が異なると思います。
すると、お手入れの仕方が変わりますね。
しかし温度の上昇に弱いということは同じです。
素材にこだわらず、高温の状態が長時間続かないように注意してください。
また、熱くなってから急に冷水で冷やすこともいけません。
温度が急に変わると、調理器具がダメージを受けます。

熱くなったら冷やすのではなく、最初から熱くなりすぎない対策をしましょう。
自分が使っている調理器具は、熱さに強いと勝手に思わないでください。
ほとんどの素材の調理器具は、高い温度や急激な温度変化に弱いです。
温度変化を防ぐだけでも、調理器具を守れます。
強火を使わなければいけない時があるでしょうから、その時はできる限りの対策をしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ