調理器具を長く使うために

強火はダメージを与えてしまう

これまで料理で強火を使っていた人は、これから控えてください。
強火は、調理器具にダメージを与えます。
いつも強火を使っていると、すぐ調理器具が傷んで使えなくなってしまうでしょう。
中火や弱火なら、調理器具に大きなダメージを与えずに済みます。
強火は食材を早く火を通すことができるので、時間短縮をしたい時に便利です。

しかし調理器具がダメージを受けるということを、忘れないでください。
どうしても強火にしなければいけない時は、短時間だけ使いましょう。
使用する時間が短ければ、調理器具に大きなダメージを与えることを防げます。
最初だけ強火を使って、後は弱火を使うと良いですね。
焦げ付きの予防にもなるので、お手入れが楽になります。

中火や弱火でも大丈夫

料理をする時は、中火や弱火を意識してください。
火加減が弱いと、食材に火を通すまで時間が掛かると思っている人が見られます。
しかし工夫することで、弱い火でも早く火を通せるので安心してください。
電子レンジを使うと、弱火でも簡単に火が通ります。
火にかける前に、電子レンジで軽く食材を温めておきましょう。

すると、食材に火が通りやすくなります。
時間短縮にもなりますし、ガス代を削減することにも効果を発揮できます。
弱い火を使う際は、電子レンジも上手く組み合わせてください。
調理器具を大事に使うなら、極力強火は避けなければいけません。
早く食材に火を通す方法を知って、実践してください。
特に根菜など、固い食材を使う時に役立ちます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ