おすすめリンク

軽くて長持ちするフライパン

直ぐ駄目にしてしまうフライパン、軽くて長持ちする使い勝手の良い物は安い価格ではないのでしょうか。

調理器具を長く使うために

料理をしている時に、強火を使っている人が見られます。 早く食材に火が通るので便利ですが、調理器具を傷めやすいので気をつけてください。 長く綺麗な状態を維持したいなら、強火は使わないことを意識しましょう 中火や弱火でも、食材にしっかり火を通すことができます。

強すぎる火力は良くない

気に入っている調理器具を持っている人は、できるだけ長く使いたいですよね。
ですが使用方法が間違っていると、すぐに傷んで買い替えなければいけません。
調理器具が傷む理由はいくつか考えられますが、大きな原因は火加減です。
火力が強すぎると、焦げ付きやすくなったり、脆くなったりしてしまいます。
料理をする際は、中火か弱火を使ってください。
火力に気を付けることで、調理器具を守れます。
お気に入りの調理器具を、再び見つけることができないかもしれません。

調理器具を長持ちさせるためには、水を入れて火にかけるのがおすすめです。
中に水を入れていれば、調理器具の底が焦げつくことを防げます。
どうしても強火を使いたいと思った場合は、水を入れてください。
すると少しは、調理器具を守れると思います。
調理器具には、鉄やセラミックなど様々な素材が使われています。
全ての調理器具に共通するのが、強火はあまり良くないということです。
自分が使っている調理器具は、大丈夫だと油断しないでください。

強火を使うと、焦げつきやすくなります。
すると、タワシを使って力を入れて擦らなければいけません。
調理器具に傷がつくので、早く壊れてしまいます。
そのような使い方を繰り返していると、購入して1年以下で買い替えなければいけない状態になります。
何度も購入し直していると、出費も多くなるのでおすすめできません。
丁寧に調理器具を扱うことは、無駄な出費を省くことに繋がります。

焦げ付きを防ぐ対策

水を入れると、温度が上がりにくくなります。 すると調理器具が焦げ付いたり、ダメージを与えたりすることを防げます。 強火を使用しなければいけない時は、水を入れることをおすすめします。 どんな素材の調理器具でも共通することなので、覚えておきましょう。

なぜ強火がいけないのか

調理器具にダメージを与えることで、焦げ付きやすくなります。 焦げ付いたままでは、おいしい料理を作ることができません。 洗い落とさなければいけませんが、強い力で擦ると調理器具が傷つきます。 そのため、最初から焦げ付かないように使うのが良いと言われています。

△ ページTOPへ